No Name.

No Name.

世の中には、決して表に出ない仕事があります。たとえば小さなネジを作る仕事など、それ自体は人の目に触れることはないけれど、そのネジひとつがなければ、機能しなくなってしまうような大切なもの。私たちの仕事も同じです。現代の社会は、コンピュータなしでは考えられなくなっています。そのコンピュータを動かしているのが私たちのシステム・ソフトウェア開発という仕事なのです。名も無きエンジニア一人ひとりのものづくりに対するこだわりと新しい発想、プライドが私たちの仕事に対する誇りなのです。
たとえ名前が表に出なくても、人々に知られていなくても、何気なく送っている毎日の生活の中で、私たちの仕事は知らず知らずのうちに、企業や人々のためになっているのですから・・・。

やることがたくさんあります。

まだまだビジネスチャンスが拡がっているということは、社員一人ひとりの発想が新しい仕事を産み出す可能性があるということです。社員の数だけ、アイディアの数だけ仕事があります。

ソフトウェア業界では、インターネットテクノロジを基盤とした企業システムの開発や、DCOM、CORBAなどの分散コンピューティングアーキテクチャなど、広範囲のプラットホーム、開発言語への対応が我々開発者の課題となっています。このような時代に、どんな対応を取っていけばいいか、今まで以上に社員には「責任と権限」を与えなければいけないでしょうし、また、年俸制・フレックスタイム制の導入も当然でしょう。ストックオプション(自社株購入権)制の整備も早急に考えなくてはいけません。

当然、優秀な人には長く勤めて欲しいのですが、都合で退社しなくてはならない人に対して自宅を拠点にして仕事をしていただく(SOHO)という考え方もあります。いつの世にも力の無い者が淘汰される情勢の中で、会社自身が他と競争し、勝利すること。これは企業に与えられた宿命でもあります。今は情報化社会の波の中でこの業界は持て囃されておりますが、これから先を考えれば、前途洋々とは言えない要素も有り適切な経営戦略・大胆な発想なしでは生き残っては行けません。わたしたちの特色は、機動力や柔軟性であると考えております。世の中は目まぐるしく変化し不安要素はありますが、この特色を生かすには最適になったと言える時代ですから、これらを最大限に生かし、これからも躍進してまいります。

人と人とをつなぐ新しいシステム開発企業へ

システム開発企業として其れなりの形を残して来ましたが、色々なリクエストに応えるべく、今後とも鋭意努力して参ります。

業務内容

法人向けの業務システムの設計及び製造。
例)人事管理システム、POSシステム、売上管理システム等。

法人向けの業務システムにおけるCTI技術の応用。
CTI技術とは、電話機とコンピュータを融合する技術の総称です。
この技術の応用としては、電話番号の管理を行い、かかってきた電話番号に対する担当者の選択と電話機への呼び出しを行えます。
例)テレビ局の電話受付業務、通信販売等の顧客管理等。

法人向けの業務システムにおけるWeb技術の応用。
Web技術とは、インターネット、イントラネット(企業内のみで使用可能なインターネット)を利用したシステムの総称です。
例)インターネットを利用した通信販売システム、イントラネットを利用した経理管理システム等。

社名
日本システム通信株式会社
所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-6 ☎ 03-3346-8021 FAX 03-3346-8208
設立
平成7年3月7日
代表者
代表取締役 土井 貢
資本金
1千万円
系列企業
サンメイクジャパン株式会社株式会社アイティーシステムズ

イメージソング


開発実績

開発年 システム概要 ユーザ 開発言語
平成29年-~ Office365導入のためのクラウド基盤構築 金融 windows XML
ODT
平成30年-~ グレーリストスクリーニング機能開発 銀行 Linux
DB2
JP1
Shell
SQL
平成29年-~ AMLシステム FATF勧告対応の追加機能開発 銀行 Linux
DB2
WAS
Java
SOAP
平成29年-~ 営業支援アプリケーション開発 生命保険 windowsServer2016
Windows10
SQLServer2012
IIS
VB.NET
平成29年-~ 事務系・営業系システム基盤開発 生命保険 windowsServer2016
Windows10
SQLServer2012
IIS
C++
C#
VB.NET
平成29年-~ ユーザ管理システム資源更改・Office365導入 生命保険 windowsServer2016
SQLServer2012
IIS
VB.NET
PowerShell
平成29年-~ 顧客情報システム基盤構成変更に伴う業務アプリケーションの更改 銀行 LinuxRH DB2 Java SQL Perl
平成29年-30年 シンクライアント導入に伴うアプリケーション仮想化対応 金融 VMWare Windows Server -
平成28年-29年 犯罪収益移転防止法改正対応 銀行 AIX DB2 Java、SQL
平成28年-30年 経済制裁措置および対象者リスト対応 銀行 AIX DB2 Spring Java、SQL
平成27年-~ 市場決済基盤におけるミドルウェア等の構築、及び保守 銀行 Oracle、SyBase、Linux WAS Java、SQL
平成27年-~ ポータルサイトの基盤更改に伴うシステム移行 ITベンダー SQLServer、windowsServer
Linux
Java、PHP
平成26年-29年 営業支援システム開発 システム基盤開発 生命保険 windowsServer2008R2 Windows7・8
SQLServer2012 IIS
VC/C++ C#
VB.NET
平成25-27年 海外拠点向けマネーロンダリング防止システム構築 銀行 Linux DB2 WAS JP1 SQL Java
平成25-26年 KYCシステム海外拠点展開 銀行 Linux DB2 WAS JP1 SQL Java
平成24-30年 営業員支援アプリケーション開発 生命保険 windowsServer2008R2 Windows7・8.1
SQLServer2012 IIS
VB.NET
ASP.NET
平成24-26年 事務系・営業系システム基盤開発 生命保険 windowsServer2008R2 Windows7
SQLServer2012 IIS
VC/C++ C#
平成24-26年 電子債権システム構築 銀行 Linux DB2 Websphere Java
SOAP
平成24-25年 マネーロンダリング防止システム開発 銀行 AIX DB2 SQL-PL
平成23年-~ クラウドフレームワークの開発 金融 Linux、AIX Java
平成22-23年 AdobeAirのフレームワーク開発 リース業 Linux
Seasar2
Adobe Flex
ActionScript
平成22年 外国送金受付システム 銀行 AIX
Oracle
JP1
Java
JSP
PL/SQL
平成21-22年 顧客ポイント交換システム開発 生命保険 windowsServer2003 WindowsXP
SQLServer2005 IIS
VB.NET
ASP.NET
平成20-22年 事務系・営業系システム基盤インフラ保守システム開発 生命保険 WindowsServer2003
WindowsXP
VC/C++ C#
平成20年 海外物流システム 化粧品メーカ IBM/HOST
AS/400
VBA
PL/SQL
平成18-20年 インターネットを利用した営業支援システム 生命保険 DOS/V
WindowsNT
Oracle8i
Java
JSP
ASP
ASP.NET
平成17-20年 ネットバンキングシステム 銀行 AIX
DB2
C
Java
平成17-20年 キャンペーン管理システム 製薬会社 Windows2000
SQL Server2000
.NET
VB
SP
平成19-20年 物流・経理システム 製薬会社 Windows
SAP
ABAP/4
平成18-19年 物流・経理システム メーカ IBM/HOST AS/400
SAP
VBA PL/SQL
平成16-17年 プリペイドカード管理システム メーカ UNIX
Sybase
Java
平成16年 通関情報システム メーカ Solaris
SQL Server2000
C
Java
JSP
平成15-16年 リベート計算システム 製薬会社 UNIX
Windows2000
Oracle9i
Apache
PL/SQL
VBA
平成15年 製造業向けEDIシステム改良 メーカ DOS/V,Solaris
Windows2000,UNIX
Oracle8i
INTERSTAGE V5L20
Sun MQ
Java
JSP
平成14-15年 キャンペーン管理/販売基幹システム 薬品 DOS/V
Windows2000
SQL Server2000
VB C/C++
SP
平成14年 イントラネットを利用した顧客営業支援システム メーカ DOS/V
Windows95
Oracle8i
JRUN
SunSolaris2.6,UNIX
Vantive8(CRMパッケージ)
JSP
SP
平成14年 製造業向けEDIシステム メーカ DOS/V,Solaris
Windows2000,UNIX
Oracle9i
INTERSTAGE V5L20
Sun MQ
Java
JSP
平成14年 ケーブルテレビ局向け課金データ編集ツール開発 メーカ DOS/V
Windows2000,WindowsXP
C/C++
平成13-15年 インターネットを利用した営業支援システム 生命保険 DOS/V
WindowsNT
Oracle8i
Java
JSP
ASP
平成13年 海外オーダー入力システム 製造業 WindowsNT
Solaris
Oracle8i
Java
JSP
平成12年 イントラネットを利用した取引事務統合システム メーカ DOS/V
WindowsNT
WebSphere(管理ツール)
Oracle8i
Java(Servlet)
JSP
平成12年 貿易文書電子化システム メーカ DOS/V
WindowsNT
Oracle8i
INTERSTAGE(EBFパッケージ)
Java
C/C++
平成12年 CRMパッケージの日本語化 商社 DOS/V
WindowsNT,Windows98
Vantive8(CRMパッケージ)
IIS
JRUN
JSP
平成12年 CRMパッケージの開発支援 メーカ DOS/V
WindowsNT,Windows98
Vantive8(CRMパッケージ)
IIS
ASP
平成11年 イントラネットを使用した会員向け課金情報の公開とFAQ検索システム 官庁 SunSolaris2.6,UNIX
NetscapeEnterpriseServer
DOS/V
WindowsNT
S-SQLServer6.5
Java(Applet-Servlet)
VC/C++
C
平成11年 インターネットとCRMパッケージを連携させた損害保険の申込システムの開発 損害保険 SunSolaris2.6,UNIX
NetscapeEnterpriseServer
Oracle8i
Vantive8(CRMパッケージ)
Java(Servlet)
C/C++
平成11年 イントラネットを使用したリアルタイム人事異動システムの開発 官庁 DOS/V
WindowsNT,Windows98
MS-SQLServer
ASP
平成11年 ハードウェア切り換えによるシステム移行 官庁 NEC-NX7000
ACOS-4
ADBS,VSAS
COBOL
平成10-11年 モバイルPCを使用した営業支援システムの開発 生命保険 DOS/V
WindowsNT,Windows95/98
VC/C++
VB
平成10年 CTIおよびCRMパッケージを連携したコールセンターの開発 電話会社
ガス会社
生命保険
官庁
DOS/V
WindowsNT,Windows98
SCOPUS(CRMパッケージ)
LucentDifinity-GenesysTServer
Fujitsu E270-CTIBridge
LucentDifinity-PassageWayTelephonyX
NEC FP17-Tellepallete
VC/C++
VB
TCL

製品情報

SimpleBench
インターネット、イントラネットを利用したシステム開発における重要な要素として、今までの開発では考慮されていない台数の限定されないクライアントからのアクセスに対するサーバ側の負荷の問題が挙げられています。このSimpleBenchは、複数のURLを連続的に、更に多重化して実行した場合のパフォーマンスと結果を出力することができます。出力されたパフォーマンスにより、サーバ側の負荷を予測することが可能となります。また、出力結果はHTML形式で保存されるため、結果をそのままブラウザで表示することが可能です。
簡易CRM
CRM(Customer Relationship Management)と呼ばれる顧客管理システム製品を利用した開発が増加しています。しかし、本来アメリカ等のビジネスモデルを基に開発されたパッケージ製品は、日本においてそのまま使用できる例はほんの僅かしかありません。購入したパッケージ製品をカスタマイズして使用している事がほとんどです。これでは一体何のために高価なパッケージを購入したのかわかりません。また、多くの企業が各々に所有する顧客管理のノウハウをシステム化できるとも限りません。この簡易CRMは、パッケージ化された顧客管理システムではなく、多くの企業が各々に所有する顧客管理のノウハウをいかに早く、いかに安くシステム化できるかを提案する開発用のパッケージです。システムを安価に提供するため、OSにはLinuxを搭載し、WEBサーバにはAppatch+TomcatによるJava実行環境を構築し、更にDBMSにはPostgreSQLを採用することにより、システム価格はサーバ本体と開発費に押さえることが可能となります。簡易CRM本体の機能としてデータベースのテーブルをGUIベースで作成する機能とWEBページの表示に必要なデータをデータベースのテーブルから取得するSQL生成機能を利用することにより、WEBページの表示イメージをJavaScriptで作成することが主な開発費となるため、開発費の削減を実現できます。
KeyAndMouseLogCreater
クライアントサーバーシステムやWebアプリケーション等を開発する際に、画面上でパターン化された操作手順を繰り返し実施する場合があります。このアプリは、そうした際の作業の簡略化を目的に作成されました。このKeyAndMouseLogCreaterは、デスクトップ上で行われた操作を記録することができます。そして記録した一連の操作を、同梱されているOperationPlayerにて再現させることができます。これによりGUIで行う操作を自動化できます。
【動作OS:WinXP/Win7 サイズ:2,800,249バイト ハッシュ値(MD5):B19CB7D02F537EF30B7A0EA4B238047C】
ダウンロードはこちら

あたまんべ研究室

本研究室では、使用頻度が高く、それでいて毎回頭を悩ます小さなプログラムやアルゴリズムを紹介します。
皆さんが、「あたまんべわりー状態」になったときにお役に立てれば幸いです。
C/C++編
C-1 閏年判定 指定した年が閏年かどうかを判定する方法です
C-2 曜日判定 ツェラーの公式による曜日判定方法です
Java編
J-1 日付の取得 現在の時刻を文字列で取得します
J-2 HTMLエンコード HTML上での特殊文字を置換します。
J-3 素数判定 エラトステネスのふるいを使わずに素数を判定します。
J-4 条件付きファイル検索 ファイル拡張子を条件として検索を行います。

閏年判定

アルゴリズム

下記の条件のうち、いずれか片方を満たす西暦年が閏年となります。

  1. 4で割り切れて100で割り切れない年
  2. 400で割り切れる年

プログラム例

/*
 * 閏年判定
 * パラメータ
 * 	nYear:西暦年(2001等)
 * 戻り値
 * 	0:閏年ではない
 * 	1:閏年
 */
int IsLeapYear(int nYear)
{
	if (nYear % 4 == 0 && nYear % 100 != 0 || nYear % 400 == 0) {
		return 1;
	}
	else {
		return 0;
	}
}

曜日判定

アルゴリズム

ツェラーの公式による曜日判定法です。1月と2月を前年の13月、14月と考えるのはすごい発想ですね。
ちなみにこの公式はグレゴリオ暦にのみ適用されます。
まぁ、我々の開発は未来に向ける計算が大半ですから影響はないと思いますが。。。

プログラム例

/*
 * 曜日判定
 * パラメータ
 * 	nYear:西暦年(1583年以降)
 * 	nMonth:月(1~12)
 * 	nDay:日(1~31)
 * 戻り値
 * 	0:日曜日
 * 	1:月曜日
 * 	2:火曜日
 * 	3:水曜日
 * 	4:木曜日
 * 	5:金曜日
 * 	6:土曜日
 */
int GetDayOfWeek(int nYear, int nMonth, int nDay)
{
	if (nMonth == 1 || nMonth == 2) {
		nYear--;
		nMonth += 12;
	}
	return(nYear + nYear / 4 - nYear / 100 + nYear / 400 + (13 * nMonth + 8) / 5 + nDay) % 7;
}

日付文字列の取得

アルゴリズム

日付を取得するクラスです。
タイムスタンプなど、頻繁に日付を取得するのであれば重宝するかもしれません。

プログラム例

/*
 * 日付文字列取得
 * パラメータ
 * 	なし
 * 戻り値
 * 	date:現在の日付文字列
 */
import java.text.*;
import java.util.*;

public class dateString {
	public static String nowDate() {
		//現在の日付を取得
		DateFormat df = DateFormat.getDateInstance();

		//文字列型に変換
		String date = df.format(new Date());
		return (date);
	}
}

HTMLエンコード

アルゴリズム

HTMLとして特殊な意味を持つ文字を、文字参照によって特殊な意味を持たない文字列に変換します。
JavaではHTMLエンコード処理は 標準サポートされていないので、独自に実装する必要があります。

プログラム例

/*
 * HTMLエンコード
 * パラメータ
 * 	strIn:エンコードしたい文字列
 * 戻り値
 * 	strOut:エンコードされた文字列
 */
public class Encode {
	//エンコード変換対象文字
	static char[] encodeChar = {'"','&','<','>'};

	//エンコード変換後の文字列
	static String[] encodeString = {"&quot","&amp","&lt","&gt"};

	public static String strEncode( String strIn ){
		//空文字列の場合はそのまま返す
		if ( strIn == null ){
			return (null);
		}

		//文字列バッファへのコピー
		StringBuffer strOut = new StringBuffer( strIn );
		//エンコード対象文字列の順番に処理
		for ( int i = 0; i < encodeChar.length; i++ ){

			//エンコード対象文字の検索
			int idx = strOut.toString().indexOf( encodeChar[i] );

			while ( idx != -1 ){
				//エンコード変換後の文字列への置換
				strOut.replace(idx,idx + 1,encodeString[i]);

				//次のエンコード文字の検索
				idx += encodeString[i].length();
				idx = strOut.toString().indexOf( encodeChar[i], idx );
			}
		}
		return (strOut.toString());
	}
}

素数判定

アルゴリズム

我々が業務で利用することはあまりありませんが、メジャーな判定方法である「エラトステネスのふるい」を使わない判定方法です。
判定対象となる値が小さい場合には十分に有効な判定方法かと思います。

プログラム例

/*
 * 素数判定
 * パラメータ
 * 	nVal:判定対象の値
 * 戻り値
 * 	true:nValは素数
 * 	false:nValは素数ではない
 */
public class Prime {
	public boolean isPrime(int nVal) {
		// 偶数は予め除外
		if (nVal != 2 && nVal % 2 == 0) {
			return false;
		}

		int nCnt = 3;
		// 奇数のみで剰余を判定
		while (nCnt <= nVal / 2) {
			if (nVal % nCnt == 0) {
				// 剰余0の場合は素数ではない
				return false;
			}
			nCnt += 2;
		}
		return true;
	}
}

条件付ファイル検索

アルゴリズム

Javaでの条件付ファイル検索はjava.io.FilenameFilter継承クラスを作成して実現します。
ここでは、ファイル拡張子を条件として検索を行う例を示します。(ExtFilterクラス)
テストプログラム(TestExtFilterクラス)では、c:\workディレクトリに存在する拡張子.txtのファイル名を画面に表示します。
java.io.FilenameFilterインタフェースのaccept()において、リスティングする際の判断を行うことになっているのですね。

プログラム例

public class ExtFilter implements java.io.FilenameFilter {
	/** フィルタにかける拡張子を保持します。*/
	protected String m_strExt;

	// コンストラクタ
	// @param	strExt	フィルタをかける拡張子
	public ExtFilter(String strExt){
		setExt(strExt);
	}

	// ファイル名にフィルタをかけるプレフィックスを設定します。
	// @param	strExt	フィルタをかける拡張子
	public void setExt(String strExt){
		if (strExt.startsWith(".") == false) {
			m_strExt = "." + strExt.toUpperCase();
			return;
		}
		m_strExt = strExt.toUpperCase();
	}

	// 指定された抽象パス名がパス名リストに含まれる必要があるかどうかを判定します。
	// @param	objDir 		ファイルが見つかったディレクトリ
	// @param	strFileName	ファイル名
	// @return	リストに含む場合は true 、そうでない場合 false を返します。
	public boolean accept(File objDir, String strFileName) {
		// 予めフィルタが指定されていない場合の判断
		if (m_strExt == null) {
			return false;
		}

		// 拡張子の調査
		return strFileName.toUpperCase().endsWith(m_strExt);
	}
}

public class TestExtFilter {
	// テストプログラム
	// ディレクトリc:\workに存在する拡張子.txtのファイル名をコンソールに表示します。
	public static void main(String[] argv){
		// 指定されたフォルダの存在チェック
		java.io.File objDir = new java.io.File("c:\\work");

		// 拡張子でフィルタをかけてファイルオブジェクトを取得する
		java.io.File[] objFileList = objDir.listFiles(new ExtFilter(".txt"));

		for (int nCnt = 0; nCnt < objFileList.length; nCnt++) {
			System.out.println(objFileList[nCnt].getName());
		}
	}
}

新卒・既卒募集要項

教育研修

入社してからなるべく短時間に第一線で活躍していただくために個人の能力に合わせてスキルアップを図ります。

経験、実績に合わせての能力評価により、本人のやる気次第で昇進や給料があがる制度を実施しています。 また、社内教育はもちろんのこと、個人ではなかなか購入できない高価な専門書籍に対する援助金制度も取り入れています。これも社員教育の一貫として支給しようとするもので、自分を伸ばそうとする人には大いに伸びるチャンスを与えていこうとするものです。 このような環境で自分を大いに試してみたい人、自分を大いに磨きたい人、自分を本当に大切にしていきたい人を応援します。

適性重視ってナニ?文系でも大丈夫??

もっとも論理的な学問は数学であると言われていますが

中高生時代に数学教師とのめぐり合わせに恵まれずに数学嫌いになった人が、仮説・検証力が高く、実践的なSEになった例は枚挙に暇がありません。 三角関数・数値微積分には弱くても、16進数を操り、適切にプログラムを切り分ける事で、トラブルの所在を突き止め、的確に対処する理論性は、学歴とは無関係な問題解決能力と言えます。 また、学問の世界では、全ての問題は、原因を確認して、根本から対策をたてるように教えていますが、実務的に即効性のある方法は、過去の問題との類似性を見出して、解決されてた方法を採用する、いうなれば横並び方式の方が有効なのです。 何も数学的な出来の良し悪しでなく、アナロジー能力が開発系SEの戦力を左右したりするのです。

採用までの流れ

まずはエントリーシートから

エントリーシートの記入、もしくは当社指定履歴書(写真貼付)を人事担当宛にご郵送願います。

①ホームページ上でエントリー ②日程をお知らせします ③選考・事務説明
(履歴書・自己紹介書の提出
→面接・適性検査・一般教養)
電話・メールでも受付可能
会社案内、募集資料を送付
スケジュール・会場案内・持参品
注意事項等を通知
4時間で採用試験・事務説明終了
当日は質疑応答有ります
④10日以内に各選考の
合否結果をお知らせします
⑤入社決定 ⑥入社日などをお知らせします 一次合格者は提出書類の送付
内定者は入社承諾書の返送
内定証授与、内定者会の開催
入社手続きのお知らせをします
2020年4月1日(水)の入社
会社説明
2019年
日程
前期/ 月 日、 月 日、 月 日
後期/ 月 日、 月 日、 月 日

新卒・既卒エントリー

キャリア募集要項

経験者の募集をしています

ソフトウェアの設計、開発・維持管理
汎用機系からオープン系まで幅広く用意

応募方法

応募書類
当初は履歴書の提出のみ
履歴書・自己紹介書・健康診断書
選考方法
面接、適性検査、YG検査
スキルチェック(PR、SP、SE、PL、PM/開発OS、ターゲットOS/言語/ツール等)
メールまたは電話にてお問い合わせください
@
03-3346-8021
(平日9:30~16:00)総務 人事担当 森 明子
Web上からでもご応募いただけます。
応募される方は、こちらのエントリーシートをご利用下さい
採用情報 キャリア採用
募集職種 プログラマ・システムエンジニア /ソフトウェアのプログラミング・各種ビジネスアプリケーションの設計、開発
資格 学歴不問/経験3年以上28才までの男女
オープン系もしくは汎用機系のシステム開発経験者か
得意言語、研究言語などを持っている方
給与人事考課により異なる、職務・調整・研修手当 有
勤務地都内23区/最寄駅:勝どき、大手町、東陽町
勤務時間午前9時00分~午後6時00分
休日土曜日、日曜日、祝祭日、年間休日117日(2014年度)
補足事項賞与・昇給は人事考課により異なる
試用期間 有 (2ヶ月)
会社案内は希望者送付

キャリアエントリー

採用状況

採用考査-1

あくまでも当社が必要としている人材のことで、世間一般の価値基準における人材とは多少異なりますが、当社をこれからリードしていける人を求めます。

技術者として就労する以上、技術を基準として評価するべきだと考えています。誰もが意欲や知識を発揮できる職場を提供することにより、個人の能力を最大限に伸ばしていきます。 常にチャレンジ精神と難題にも怖じけることなく立ち向かう精神を持ち、豊かな創造性と組織の志気を高める責任感と協調性を持つ人材を求めています。 さらに、組織の中に埋もれることなく、自分の可能性を試したい人、旺盛な向上心を持っている人を求めています。

一度就職したけれど、やはり違うところでやりなおしたいという方(いわゆる第二新卒と言われる方々)も歓迎します。

採用状況システムエンジニア出身校
大学・大学院千葉工大(機械)・明大(物理・国際日本)・筑波大(体専)・大正大(史学)・実践女子大(生活科学)・
立命館大(情報 ・映像)・東京電機大(情報 ・情環)・東海大(情報)・法政大(情報)・東大(情報)・日本大(数理情報)・
神奈川工科大(機械)・多摩大(経営情報)
高専・専攻科都立(電気)・久留米専攻(機電)・高知専攻(機電)・釧路(情報)・木更津(情報)
短大・専修早稲田電子(情報)・清風情報工科(情報)・筑波研究学園(情報)・国際情報工科(情報)・
デジタルアーツ東京(ゲームクリエイティブ) ・大原情報ビジネス(情報)・
東京テクニカルカレッジ(ゲームプログラミング)・埼玉コンピュータ&医療事務(情報)

採用考査-2

業務に必要な専門知識については入社後から勉強するシステムが出来ておりますが・・・

理系的な知識以上にアイディア力やコミュニケーション能力などが重要視される場合があります。色々な顧客からの要望に応じておりますので、必ずしも理系でなければならないということはありません。それよりも社会一般への好奇心と探究心と責任感が重要です。

先輩新入社員の話(各◆をクリックで展開)
Nさん (26歳) 明治大学国際日本学部国際日本学科卒 平成29年4月 入社

入社して1年3ヶ月

私は現在入社して1年3カ月になります。ここでは入社してから現在に至るまで、どのように先輩社員と関わっていったかをお話ししたいと思います。
やはり接点として一番多いことは、仕事を教えてもらうということです。
私の場合未経験からのスタートであったため、入社直後の研修から職務に携わる現在に至るまで大変お世話になっています。研修では名刺の渡し方など基本的なビジネスマナーや、バブルソートといったアルゴリズムの作成からパスワードを用いたログインなど諸要素を含んだサイトの作成、それらを通してプログラミングの基礎を習得しました。レベルに合わせた指導だったので、内容は個々人でまた変わったものになるかと思います。
学習の一連の流れは、「さわり・課題内容と大まかなやり方を教わる」→「細かいところを自分で調べる」→「どうしてもわからないところは聞く」といったものになりますが、これは研修を終え業務に携わる現在においても役立つスキームと感じます。
以前、上司の方から「この仕事は調べるのが仕事」と教わりました。実際まだまだ身に付けるべきことが多く、骨が折れます。都度先輩方に頼るばかりもなかなかに気が引けます。
だからこそ、少しずつ理解を増やしていき「どうしてもわからないところは聞く」という局面を減らして自立していくことは自分にとって達成感のあることに思っています。もちろん、先輩方も新人側の段階を踏まえてくれます。そのため急に高度な理解を要求されることはありません。
今の目標は「わからない」と質問するのでなく、「こうしたらいいと思いますがどうでしょうか」と提案できるようになることです。そう育つための土壌に恵まれていると感じます。

Kさん (22歳) 高知工業高等専門学校機械電気工学科卒 平成19年4月1日 入社

入社して9ヶ月

今はある製薬会社の企業販促システムのリプレースを行うチームに入っています。このチームに入る前に簡単にリプレースについての説明を受けました。今思うと自分は馬鹿だったなと思うのですが、私は「要するにDBサーバとOSにバージョンが変わるだけか」と考えていました。しかし実際は、考えもしなかった作業がたくさんあり、また考えられないくらい長くて数も多いソースコードや設計書、資料などを目の当たりにして大変驚きました。入社して間もない頃と比べると、多くの技術や知識が身についたと思います。しかし今でも毎日苦労しています。毎日が分からないことだらけです。この9ヶ月間驚きや発見、失敗や喜びの連続でした。今考えると全くたいしたことのない小さな問題で頭を抱えたり、同じミスを繰り返したりしていました。問題が解決してもまた次の問題が発生して全然前に進まなかったこともありました。もちろん今でも多少はあります。今まで時間をかけて行っていた作業が、効率的に行える方法やソフトウェアの機能があることを知ったときは感動しました。学生のころ普通に使用していたエクセルやワード、ただのテキストエディタにも知らない、便利な機能がたくさんありました。よく「この業界は毎日が勉強だ」という風なことを聞きますが、まったくそのとおりだと思います。仕事を始める前は分からないことでしたが今はすごく実感しています。まだ入社して一年も経っておらず右も左も分からない状態ですが、少しでも先輩方に近づくために日々精進していきたいと思います。

Nさん (21歳) デジタルアーツ東京ゲームクリエイティブ課卒 平成19年10月1日 入社

入社して3ヶ月

私は社会人経験もなく技術的なことなど全くの未経験者でした。及ばないところだらけの私ですが、入社してもう3ヶ月が経ちます。入社して1日目、駆け足で一般常識の講習を受け、2日目から実務。初めてそれを聞いたときは、どう考えても邪魔者にしかならない私がお客様の下でお仕事などしても良いものだろうか…と驚いたと同時に考え込んでしまいましたが、案ずるより生むが易し、習うより慣れろ、為せば成る。何事も大切なのは精一杯やること、やりきることだと自分に言い聞かせました。 それから毎日が新しいこととの出会いであったり、戦いであったり、優しい先輩方にご教授願ってやっぱり邪魔をしてしまったり・・・楽しいことも、もちろん辛いこともありましたが、それがひとつひとつ、着実に「プロである私」を築いていっていることを日々実感します。きちんとお勉強をして、経験という材料と年月をたくさんかけて、様々な方に支えられて初めて私というお城が築けるのですから。まだまだ建築途中で未熟な私ではありますが、まずは私でもできることを着実にこなし、精一杯先輩方の補助が満足にできるようになりたいと思います。そして、なるべく早く先輩方に追いつき、胸を張って自分はプロだと言えるよう頑張ります。

※上司より一言 通常は入社から3ヶ月は研修を行いますが、Nさんの場合、お客様の強いご希望で研修自体をお客様のところで行うことになりました。

「業界に入って××年」というタイトルで、数名のPG・SEに話して頂きました
Hさん (30歳) 立命館大学情報理工学部情報システム学科卒 

業界に入って9年目

新卒でこの業界に入って既に9年目となりました。

学生時代は情報系であった為、IT業界への就職は自然な流れでした。 当初、IT業界といえばパソコンに向かってひたすらプログラミングをするイメージを持っていましたが、 実際に働いてみると想像とは異なり、プログラミングよりも資料を作成する機会の方が遥か多く、 驚きを感じたことを覚えています。

それから9年弱、この業界で経験を重ねてきて、最近とみに思うのは「説明力」というのが非常に重要な要素だと云うことです。 システム開発する上でIT技術に関する知識が必要であることは当然なのですが、本やネットで調べられる技術と違って、 「説明」というのは実際に経験を積まなければなかなか上達しないのが難しいところです。 どのような最新技術を用いたシステムを開発しようとした所で、それが顧客の要求を満たすことを上手く説明することができなければ納得して受け入れてはくれません。 なぜなら、システム開発を依頼してくる顧客はシステムに関しては素人だからです。 IT技術者同士であれば通じる会話も、顧客にとってはちんぷんかんぷんです。

例えば、基本設計(或いは外部設計)フェーズでは、 顧客の要件を満たしたシステムであることを記載していく必要があります。 しかし、記載された内容が要件を満たしていたとしても、「Aの入力をBしてCして……」など長々とした文章が書かれているだけでは、 顧客としては望むものが本当にできるのか分からずに不安に思うであろうことが想像に難くありません。 そこで、素人目にも理解できるように図や表、イメージ画像を駆使した説明が必要になってきます。

また、資料作成は上流の工程に限りません。 作成したシステムは必ずテストを行い、テストを実施すれば必ずその結果を顧客に報告しますが、 システムの規模が大きくなればなるほど、その量は膨大になり顧客としても全てに細かく目を通すことはできないでしょう。 となれば特に重要な箇所を重点的に確認して頂くようなレビューの方法をとることになりますが、 テストの内容が開発内容に対して必要十分であることを説明して納得頂かなければ、 目を通しきれない部分のテスト結果を信用して貰うことができません。

既に稼働済みのシステムの場合は、開発時には想定していなかったトラブルが発生することがままあります。 トラブルが発生すれば、その原因調査の結果と対応方法を顧客に説明して理解して頂く必要がありますが、 「Aのファイルの30行目のIF文の条件が……」では勿論通じないため、 顧客の普段使っているような平易な言葉やイメージに置き換えた説明が必要になってきます。

幾つかの例を挙げてみましたが、 いずれにしても自分たちの作成するシステムについて自信を持って「説明」できることが 顧客からの「納得」と「信頼」得ることに繋がるのだろうと思います。

以上、IT業界に入ってみたら意外と「技術だけがものを言う世界」ではなかったというお話でした。 IT業界に興味はあるけれど、未経験で尻込みしているのであれば、ひとまず挑戦してみては如何でしょうか。

Uさん (45歳) 東京都立工業高等専門学校電気工学科卒

業界に入って25年

私がIT業界(当時はソフトウェア業界と言っていた)に入り、25年が経ちました。

毎日楽しいこと、好きなことだけをしていた学生時代を終え、就職して友達のいない場所に引っ越して仕事をし始めたときの不安感、孤独感は今もはっきりと覚えています。

多少大げさな表現かもしれませんが、「本気でやらないと生きていけないぞ」と思って焦っていたものです。

沢山のことを身につけたくて、「わからない言葉」を見つけては本を捲り、それでもわからない時に先輩を頼ると、先輩が教えてくれた話の中に新たな「わからない言葉」が何個も含まれている、などという気の遠くなるような堂々巡りをしたこともありました。 日々忙しく仕事をしている先輩が手とり足取り教えてくれることはなかったので、先輩の書いたプログラムを見せてもらい、文法やテクニックを吸収しました。

はじめの頃に書いたプログラムは書き方も処理効率も悪く、見てもらうこともできませんでしたが、少し上手に書けるようになった頃、席の後ろに立った先輩に「少し読める(プログラムを書ける)ようになったじゃん」と声を掛けてもらったことがあり、涙が出そうなくらい嬉しかったものです。 私は「見てももらえない」と思っていたのですが、きっと知らぬ間にチェックしてくれていたのだと今は思います。

新米社員の成長のためには上司・先輩の指導が必要です。

その指導とは、学生時代に慣れ親しんだ「授業・講義」のようなものではなく、わからないことを伝えて返事やアドバイスをもらう「質疑応答」によるものの比重が高いです。 つまり、コミュニケーションを上手に行わなければ教わりたいことを教わることもできない。 はじめのうちは上手くできなくて、違うことを教わることになったり、同じことを何度も聞いて先輩を怒らせてしまったりしたこともありました。 だからといって、めげて立ち止まってしまう時間もない、知らなくていいやと諦めることも許されない。 当時はインターネットもスマホも無かった時代なので、本と先輩の指導だけが私の情報源でした。

先輩から教えてもらうために会話をすることで、コミュニケーション力が育まれたと思います。それは、今現在でも顧客折衝などに生かされている、とても重要なトレーニングだったのでしょう。 現在はインターネットの利用で多くの情報が効率よく入手できるので、このトレーニングは軽視されがちです。 技術者なのだから技術力を身につけることは重要ですが、それと同じくらいにコミュニケーション力も技術を活かすために必要なのです。 バランス良く、両方の力を持っている人材が「優秀な人材」と言えるのだと思います。

是非、若い皆さんにはバランス良く力をつけていっていただきたいと願っています。

Oさん (33歳) 筑波大学体育専門学群卒

業界に入って10年

【ゼロからの出発】

自分は学生の頃、情報学科やシステム工学科などといったコンピュータの世界とは全く別の学部に在籍していた。論文を書くのにも当時ワープロの使い方に四苦八苦していたのを記憶している。もちろんエクセルなんて聞いたことも使ったこともなかった。 ふとしたきっかけからソフトウェア業界に足を踏み入れ10年が経過したが、決して順風満帆とは言えない10年間だった。 自分なりの苦労や問題、それらの解決方法などを紹介していこうと思う。

【初めてのプログラミング】

初めてのプログラミングは会社に入って新人研修の時、C言語でDOSのプログラムを作ったのが最初である。プログラミングなんて言葉も知らなかったし、C言語なんてのも当然知らなかった。 講習では丁寧に教えてもらったがさっぱりわからなかった。パラメータ、関数、コンパイル、戻り値など生きていく為にはおよそ不要なものばかりで何のためのプログラムか根底から理解できていなかったような気がする。ある意味拒絶反応を示していた。これはおそらく誰もが直面する最初の壁だと思う。プログラムの必要性や仕組みがわからないと上辺だけの知識となり習得も遅れる。今思えば研修課題をこなす事ばかり考えずに基本的な知識や技術習得に意欲を注ぐべきだったと後悔している。 無論事前学習の必要性は痛感している。

【OJT】※OntheJobTrainingの略。仕事の現場で,業務に必要な知識や技術を習得させる研修のこと

講習期間が過ぎると「C言語ができます」という商品価値をもって市場に送り出されるわけだが当然のこととして研修で得た技術では現場では太刀打ちできない。しかし顧客は経歴書をみて「この人Cは言語ができるんだ」としか認識しない。OJTではこのギャップを埋めるのにとりわけ努力した。というのも、研修では自分ができなくても誰もとがめたりしないし裏切りもない。しかし、現場では依頼された仕事ができないと顧客に対して期待を裏切ることになるし、現場にいるとPGの自覚というか そういう自分自身が許せなくなってくる。 しかしOJTでは研修と違ってその道のプロがたくさんいるので、的確な質問さえすれば必ず回答を得られるものである。自分の場合、プライドを全て投げ捨て先輩達にいつも何かしら聞いていたような気がする。 ここで重要なことは、知らないことを恥じずに知らないと言えるかどうかであると思う。質問した数だけ成長すると思えば聞かないほうが損である。

【初めてのカットオーバー】 ※新たに開発された情報システムが稼動を開始すること

現場やプログラミングにも慣れてくるとプログラムを依頼されるようになる。採用セミナーや会社説明会など行くと必ず、「自分が作ったプログラムが稼動する感動的な瞬間」なんて記載されていたりするものだが、自分の場合、不安の方が先立って決して嬉しいものではなかったような気がする。未熟な自分が作ったプログラムが世に出回ると思えばミスは許されない責任重大な一大事である。プログラムの内容によっては正常に稼動しないと会社が倒産したり、最悪死者が出るケースだって無いとは言えない。カットオーバーとは一抹の不安もないほど完璧に仕事をしなければならないと痛感する。とはいえ自分が作ったプログラムで世の人々の作業が効率的になったり、トラブル無く稼動するのは実に嬉しいもので、またこれまで一緒に苦労をともにした仲間と味わえるこの上ない達成感は実に感動的なものである。

【顧客との折衝】

この業界に興味がある人の中で意外と知られていない要素というか、仕事内容の一つとして顧客との折衝がある。ある程度、場数を踏むとシステムを設計するわけだが、これはあくまで自分が作りたいものを作るわけではなく、顧客が欲しているものを作ることになる。この時顧客が何をしたいのかを正確に把握し、それを実現するための手段を考える。そして顧客の要求を満たすシステムを構築していかなければならない。その間さまざまな問題が発生するが、それを時には顧客の言い分を受け入れ、時には説得しなければならない。どの業界も同じだと思うがいわゆる折衝がつきまとう。 この業界は、とりわけ人と話すのが苦手だったり、聞き上手でない人が多く見受けられる。「プログラマ30歳定年説」とささやかれるようにプログラミングだけでは生き残れないのが現状で、最終的にはいかに上手く顧客と付き合っていくかが重要なテーマになる。 自分の場合、顧客の立場を理解するように心掛けている。またある意味正直に自分をさらけ出すことによって相手も自分の立場を理解してくれるような関係が持てればと思っている。

【最後に】

この業界の技術進歩は凄まじい勢いで進んでいる。今日取得した技術が明日になれば過去の産物と言っても過言ではない。たとえ100人の部下がいようとも、日々精進の精神が無ければいずれ路頭にさまよう運命になるだろう。 我々の使命は、獲得した技術を基に顧客が要求するシステムを構築することである。

新人教育

2016年度の新人講習・研修のスケジュール・カリキュラムなどを紹介します
  1. スケジュール
  2. カリキュラム
  3. 講習・研修スケジュール

新人教育スケジュール(2016年度 実績)

新人教育カリキュラム

No. カリキュラム 概要
1 一般講習 会社説明
共通理解
最大公約数
挨拶
2 技術講習 コンピュータ
基礎教育
技術者基礎教育
  • 技術者の心構えについて学ぶ
  • 先輩社員の経験談を通じて、現場の雰囲気や苦労、やりがいとは何かを知る
  • 先輩社員に自由に質問し、コミュニケーションを深める
  • 業界の動向や技術の変遷について学ぶ
  • 文章作成能力を高める
コンピュータ
基礎教育
  • コンピュータについての基礎技術を習得する
  • OSやソフトウェアのインストール方法を実習する
  • 社内LANについて学ぶ
プログラム
言語教育
HTML演習
  • HTMLを使ってホームページを作成する
データベース
(SQL)演習
  • データベースシステムの概要を学ぶ
  • Oracleの各種ツールの使い方を実習する
  • データベース操作言語SQLを学ぶ
  • SQLを使ってデータベースを操作する方法を習得する
C/C++言語演習
  • C/C++言語によるプログラミング、開発ツールの使い方について習得する
ソフトウェア開発 アルゴリズム
  • ロジックの組み方を学ぶ
  • フローチャートの書き方を習得する
グループ演習
  • ソフトウェア開発の各工程について学ぶ
  • プロジェクト演習を通じて、会議の進め方、議事録作成、作業分担、
    スケジューリング、設計、開発、進捗報告、テスト、納品までの
    一連の流れを学ぶ
3 技術者業務研修 Java言語演習
  • Java言語によるアプリケーションプログラミングを実習する
Webサーバ
プログラム実習
  • JSP、JavaBeansを使用してサーバサイドプログラムを作成する

2016年度4月講習スケジュール(実績)

会社案内/募集要項

pdf会社案内(クリックで展開) pdf会社案内(ダウンロード)

問合せ

所在地

MAP

近隣駅からのアクセス

新宿駅
  • JR各線(山手・中央・総武・埼京)
  • 京王線
  • 小田急線
  • 都営新宿線
徒歩12〜15分 ジョルダンで検索
西武新宿駅 西武新宿線 徒歩14分 ジョルダンで検索
西新宿駅 東京メトロ丸の内線 徒歩5分 ジョルダンで検索
都庁前駅 都営大江戸線 徒歩4分 ジョルダンで検索

連絡先

日本システム通信株式会社(定休日:土曜・日曜・祝祭日)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-6

☎ 03-3346-8021 FAX 03-3346-8208 @

イベント

今日の一言

PAGE TOP