CORPORATE PROFILE

Copyright © 2018 IT Systems Co., Ltd. pdf会社案内(クリックで展開) pdf会社案内(ダウンロード)
激しく変動をくり返す現代社会では、現状を捉えるだけでは取り残されてしまう。私達は、研ぎすまされた感性と先を的確に読み取る力で、常に一歩先の新しい社会像を考え、想像しています。
未来を見据える鋭い眼差し。
最先端を行くシステム開発はたやすいことではありません。深い知識と豊富な経験が必要です。知識と経験に基づいた技術だけが真のコミュニケーションを生むと考えています。
知識と経験を携えた戦略家。
現実社会は、簡単な仕事などありません。知恵や経験、技術を駆使して達成することが理想ですが、時にはすべてを投げ打ってでも目の前にある困難を乗り越えなければなりません。何物も恐れない行動力も必要なのです。
困難を乗り越える精神と肉体の力強さ。
ヒトと人のつながりだから、もっと繊細にきめ細かな感覚が必要です。時には情熱的に、時にはさらりとしなやかに。大切なのは人を想う気持ちです。いつでも柔軟な創造力でより人にやさしいコミュニケーションを創り出しています。
ヒトと人を繋ぐ柔らかな想像力。

アイティーシステムズは、システム構築のスーパーSE集団として、
企業およびシステム部のコンサルタント業務を行っております。
常にクライアントの要求に100%以上の答えを出すために、
一人ひとりの技術、能力、想像力を最大限に引き出し、力を結集して
業務に取り組んでおります。だから一人ひとりの些細な行動一つひとつが
開発やコンサルタント業務に大きく影響していきます。
社員一人ひとりが、どのような事柄にも常に真剣勝負の心で取り組むこと
それは、情報化社会で私たちが生き抜くために心掛けていることなのです

真剣勝負

battle
業務内容 法人向け
  • 情報処理サービス
  • 情報提供サービス
  • プログラム構築のコンサルティング
  • システム構築のコンサルティング
  • システムの設計開発技術者の派遣
  • システムの企画開発技術者の派遣
社名 株式会社 アイティーシステムズ
所在地
  • 〒 160-0023
  • 東京都新宿区西新宿6-12-6
  • ☎ 03-3346-8231
  • FAX 03-3346-8208
設立 平成12年4月26日
代表者 代表取締役 土井 貢
資本金 1千万円
系列企業 日本システム通信株式会社サンメイクジャパン株式会社

イメージソング


所在地

MAP

近隣駅からのアクセス

新宿駅
  • JR各線(山手・中央・総武・埼京)
  • 京王線
  • 小田急線
  • 都営新宿線
徒歩12〜15分 ジョルダンで検索
西武新宿駅 西武新宿線 徒歩14分 ジョルダンで検索
西新宿駅 東京メトロ丸の内線 徒歩5分 ジョルダンで検索
都庁前駅 都営大江戸線 徒歩4分 ジョルダンで検索

連絡先

株式会社アイティーシステムズ(定休日:土曜・日曜・祝祭日)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-6

☎ 03-3346-8231 FAX 03-3346-8208 @

一般教育

インターネットのしくみ

今あなたがこのホームページを見るまでのしくみはどうなっているのでしょうか?


あなたは、この画面を見るために「ブラウザ」というソフトを使って、アドレスを打ったと思います。


基礎教育

プログラミング言語の選択基準

我々システムエンジニアはシステム構築の際の要件内容を判断し、最も適したインフラやミドルウェア、開発するプログラムのプログラム言語を顧客に対して提案する機会が多く存在する。(逆に顧客からの要件に上記が含まれる場合もある。)その中で最も考慮する機会の多いプログラム言語の選択について、選択の基準とすべき一般的なプログラム言語の特徴を記載する。

言語 生産性 移植性 保守性 特徴 得意分野
アセンブラ × × × CPUの持つ命令セットを利用するプログラム言語であるため、
CPU毎に文法・命令が異なる
ハードウェア制御
COBOL ホストコンピュータでの利用が多く、文法が比較的容易 事務系演算(金額の書式化等)業務帳票出力系システム
C/C++ 分野を問わず、広範囲のシステムに適用可能
VisualBasic × Windows系プラットフォームのみをサポートする開発言語 画面を持つプログラム
Java マルチプラットフォームをサポートするプログラム言語 サーバサイドプログラム、DBアクセス等
HTML
JavaScript
Webブラウザ上で実行することが多い Webクライアント
C# WindowsOS用に使われることが多い 画面を持つプログラム

基本的なシステム開発の流れ

システムエンジニアは、お客様のシステムを構築するにあたり、これから示す手順に則って作業を進めて行きます。基本的な作業の流れとして、イメージを掴んで下さい。

全体の流れ

  1. 用件定義

    お客様の構築したいシステムの全体像、必要な機能などを理解するための打合せを何回か実施します。その過程で、システムエンジニアは良く似た事例や有効なテクノロジーの提案を行います。
  2. 基本設計

    要件定義の際に決まった内容から、どのようなコンピュータを利用すれば良いか、どのようなソフトウェアを利用すれば良いか、どのような機能を自作すれば良いか、などの全体像に関する設計を行います。設計した内容をお客様に説明し、承認していただきます。
  3. 詳細設計

    基本設計の際に決まった内容から、システムに必要な個々の機能について、細かい部分の設計を行います。その際に、機能と機能の間で交わすデータの形式や受け渡しの方法なども同時に設計します。設計した内容をお客様に説明し、承認していただきます。
  4. プログラム設計

    詳細設計の内容をもとに、プログラムを記述するための一番細かい設計を行います。多くの場合この工程は、システムエンジニアではなくプログラマが行います。
  5. プログラミング

    プログラム設計書の内容をもとに、プログラム作成します。この工程は、プログラマが実施します。プログラム設計書がしっかりと作成されているのであれば、この工程はプログラム言語の文法さえしっかり覚えていれば、誰にでも迷うことなくプログラミングすることが出来ます。
  6. 単体テスト

    作成したプログラムがプログラム設計書に記述されている内容と食い違いが無いかをテストします。この工程は、基本的にプログラマが実施しますが、場合によってはシステムエンジニアが担当することもあります。プログラムの隅から隅までをテストするため、このテストには多くの時間を割くことになります。
  7. 結合テスト

    単体テストが終了したプログラムを集めて、詳細設計書に記述されている通りに動作するかどうかをテストします。この工程は、基本的にプログラマ・システムエンジニアが合同で実施します。主に機能間のデータの受け渡しが正しく出来ているかを確認することになります。
  8. 総合テスト

    作成した全てのプログラムを集めて、基本設計書に記述されている通りに動作するかどうかをテストします。この工程は、主にシステムエンジニアが実施します。システム全体として、正しく動作するかどうかをテストします。
  9. 運用テスト

    システムテストの完了したプログラムを、要求定義の際にお客様と取り決めた内容と合っているかテストします。この工程は、主にシステムエンジニアが実施します。場合によってはお客様と一緒にテストすることもあります。完成したシステムを実際の稼働環境に近い状態でテストし、実際に利用しても問題ないことを確認します。
工程 作業内容 成果物
要件定義 顧客要件を聴取し、システムに求められる機能を確定する
また、運用テストのためのテスト計画を行う
要件定義書
運用テスト計画書
基本設計 システムの全体像や各機能間の繋がりなどの設計を行う
また、システムテストのためのテスト計画を行う
基本設計書
システムテスト計画書
詳細設計 システムの各機能についての設計を行う
また、機能間の結合テストのためのテスト計画を行う。
詳細設計書
結合テスト計画書
プログラム設計 詳細設計書の内容を基に、プログラミングを行うための設計を行う
また、プログラムの単体テストを行うためのテスト計画を行う
フローチャート
単体テスト計画書
プログラミング プログラムの作成を行う ソースコード
実行モジュール
単体テスト 作成したプログラムを単体テスト計画書に基づき、テストする 単体テスト結果報告書
結合テスト 単体テストの完了したプログラムを結合テスト計画書に基づき
テストする
結合テスト結果報告書
システムテスト 全ての機能について結合テストが完了した後に、
システム全体をシステムテスト計画書に基づき、テストする
システムテスト結果報告書
運用テスト 完成したシステムテストを運用テスト計画書に基づき、テストする 運用テスト結果報告書

ウォーターフォール・モデル

今まで説明してきた基本的な開発の流れを「ウォーターフォールモデル」という。
【メリット】
各工程における作業内容・成果物を厳密に規定しているため、プロジェクト全体の進捗を管理し易い。
【デメリット】
上流工程における工程完了審査においては、MMI(Man Machine Interface)の確認を行うことが難しい。 仕様変更が発生した場合、上流工程に立ち戻り開発を行う必要がある。仕様変更に対する柔軟性が低い。

プロトタイピングモデル

開発の初期段階よりプロトタイプ(試作品)を作成・顧客へのレビューを繰り返し実施しすることにより、プロトタイプの精度を高め、完成品とする。
【メリット】
プロトタイプの作成・レビューを繰り返し実施するため、顧客側が完成するシステムのイメージを掴み易い。 同様に、仕様齟齬や障害を早期に検出することが可能。
【デメリット】
進捗管理が難しいため、大規模プロジェクトには向かない。

エクストリームプログラミング(eXtreme Programming)

上記のようなシステム開発における問題点を解決し、開発効率を飛躍的に向上させることが可能な手法です。 ここ数年アメリカで話題となっている開発手法ですが、未だ日本での適用事例は少ないように思えます。日本国内に普及させるために活動をしているユーザグループも存在します。

事例教育

システム開発事例

コンピュータシステムの構造

案1 形態
Webを利用してプログラムの配信を行わないシステム
特徴 よく見る例
通常のインターネットHPと同様のシステム YahooのHPなど
備考
あまり凝ったことは出来ない
案2 形態
Webを利用するとともに実行時にプログラムを配信するシステム
特徴 よく見る例
案①と同様だが若干複雑なことが可能 MicrosoftのWindowsUpdateなど
備考
実行時に時間がかかる場合がある
案3 形態
Webを利用するとともに実行時にエクセルシートを配信するシステム
特徴 よく見る例
エクセルを使用するので、ローカルで作業が可能 通常ではあまり無い。社内システムで使用する場合が多い
備考
 
案4 形態
C/S形態のシステム
特徴 よく見る例
どのような要求でも可能
セキュリティが強力
銀行のATM(キャッシュディスペンサー)
備考
プログラムの配信が別途必要
Webサーバ
OS Windows2000/NT UNIX
Webサーバ IIS Apache/WebSphere JRUN
JSPエンジン JRUN トムキャット JRUN
JAVAエンジン JAVA2SDK JAVA2SDK JAVA2SDK
アプリケーション ASPで作成 JSPで作成 JSPで作成 JSPで作成
特徴 VBに似たプログラム Javaでのプログラム Javaでのプログラム Javaでのプログラム
DBサーバ
OS Windows2000/NT UNIX
DB SQL Server Oracle Oracle

新人教育

新人教育スケジュール(2016年度 実績)

新人教育カリキュラム

No. カリキュラム 概要
1 一般講習 会社説明
共通了解
最大公約数
挨拶
2 技術講習 コンピュータ
基礎教育
技術者基礎教育
  • 技術者の心構えについて学ぶ
  • 先輩社員の経験談を通じて、現場の雰囲気や苦労、
    やりがいとは何かを知る
  • 先輩社員に自由に質問し、コミュニケーションを深める
  • 業界の動向や技術の変遷について学ぶ
  • 文章作成能力を高める
コンピュータ基礎教育
  • コンピュータについての基礎技術を習得する
  • OSやソフトウェアのインストール方法を実習する
  • 社内LANについて学ぶ。
プログラム
言語教育
HTML演習
  • HTMLを使ってホームページを作成する
データベース(SQL)演習
  • データベースシステムの概要を学ぶ
  • Oracleの各種ツールの使い方を実習する
  • データベース操作言語SQLを学ぶ
  • SQLを使ってデータベースを操作する方法を習得する
C/C++言語演習
  • C/C++言語によるプログラミング、
    開発ツールの使い方について習得する
ソフトウェア開発 アルゴリズム
  • ロジックの組み方を学ぶ
  • フローチャートの書き方を習得する
グループ演習
  • ソフトウェア開発の各工程について学ぶ
  • プロジェクト演習を通じて、会議の進め方、議事録作成、
    作業分担、スケジューリング、設計、開発、進捗報告、テスト、
    納品までの一連の流れを学ぶ
3 技術者
業務研修
Java言語演習
  • Java言語によるアプリケーションプログラミングを実習する
Webサーバプログラム実習
  • JSP、JavaBeansを使用してサーバサイドプログラムを作成する

2016年度4月講習スケジュール(実績)

混沌とした時代に挑むSAMURAIであれ

新卒・既卒採用

ひらめきが喜びです

ソフト開発には議論は後にして、まず、多くの発想を俎上に載せることが大切です。

論理と議論によって、あれも駄目これも駄目とつぶす事は、自分でも他者によっても、また、後日にも可能ですが、非論理的な発想能力は個人的能力に限られ、貴重な能力といえます。昨今の情勢は、非論理的発想に基づく、駄洒落・キャッチコピー・キャラクター創造などメディア戦略に負うところが大きくなってきております。 しかし、成人女性においては、非論理的発想を受け入れる局面は少なく、しばしば、傷つく思いをした経験から、この特質を自ら隠そうとする傾向を持つ人が居ます。でも、これらの発想は、良い資質であり、システム業務においては、新規な発想が生かせる創造能力は開発プロジェクトに向くのです。

採用情報 新卒・既卒者採用 2019年10月もしくは2020年4月の入社
職務内容 プログラマ・システムエンジニア
ソフトウェアのプログラミング
応募資格 2020年3月卒業予定者(大学院、大学、高専、専修)
2019年既卒者
勤務時間 午前9時00分~午後6時00分
休日 土曜日、日曜日、祝祭日
有給休暇 初年度10日~最高20日
加入保険等 健保、厚生、雇用、労災、財形、その他(退職金制度あり)
寮施設 なし
教育研修 一般・技術講習期間3ヶ月、技術者業務研修期間3ヶ月
その他 大学卒から専修学校・高専専攻科はともに大学卒と同条件
応募方法 エントリーシートへ
郵便または電話での問い合わせは下記へ
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-6 TEL 03-3346-8231
総務 人事担当 森 明子
提出書類 一次選考時は履歴書(写真貼付)の提出のみ
履歴書、卒業見込証明書、学業成績証明書、健康診断書
任意提出書類≪推薦書、人物調書 ≫
応募期間 選考日程の1ヶ月前より受付
2019年
選考日程
前期/1月30日(水) 3月07日(木) 4月23日(火) 6月11日(火)
後期/9月18日(水) 10月24日(木) 12月11日(水)
選考場所 本社(新宿)もしくは別途通知 13:00~17:00
選考方法 一次選考時は、履歴書の提出のみ
書類選考、面接、一般教養 、作文、適性検査
(総合適性とアルゴリズム、
C言語もしくはJAVAでのプログラミング)
情報系学部以外の方については
総合適性を重視して選考します
採否 各選考日から10日以内に本人(学校)に通知

キャリア採用

経験者の募集をしています

ソフトウェアの設計、開発・維持管理
汎用機系からオープン系まで幅広く用意

採用情報 キャリア採用
募集職種 プログラマ・システムエンジニア
ソフトウエアのプログラミング
各種ビジネスアプリケーションの設計、開発
資格 学歴不問/経験3年以上28才までの男女
オープン系もしくは汎用機系のシステム開発経験者
か得意言語、研究言語などを持っている方
給与 人事考課により異なる、職務・調整・研修手当 有
待遇 健保・厚生・雇用・労災・財形・退職金制度 有
勤務地 都内23区/最寄駅:東陽町
勤務時間 午前9時00分~午後6時00分
休日 土曜日、日曜日、祝祭日、
年間休日 117日 (2014年度)
補足事項 賞与・昇給は人事考課により異なる
試用期間 有 (2ヶ月)
会社案内は希望者送付

応募方法

■メールまたは電話にてお問い合わせください
@
☎ 03-3346-8231 (平日9:30~16:00)
総務 人事担当 森 明子
■Web上からでもご応募いただけます
応募される方
こちらのエントリーシートをご利用下さい

採用までの流れ

まずはエントリーシートから

エントリーシートの記入、もしくは当社指定履歴書(写真貼付)を人事担当宛にご郵送願います。

①ホームページ上でエントリー ②日程をお知らせします ③選考・事務説明
(履歴書・自己紹介書の提出
→面接・適性検査・一般教養)
電話・メールでも受付可能
会社案内、募集資料を送付
スケジュール・会場案内・持参品
注意事項等を通知
4時間で採用試験・事務説明終了
当日は質疑応答有ります
④10日以内に各選考の
合否結果をお知らせします
⑤入社決定 ⑥入社日などをお知らせします 一次合格者は提出書類の送付
内定者は入社承諾書の返送
内定証授与、内定者会の開催
入社手続きのお知らせをします
2020年4月1日(水)の入社
会社説明
2019年
日程
前期/  月  日、  月  日、  月  日
後期/  月  日、  月  日、  月  日